sample_image

カードローンにおけるコンビニエンスストアの利便性

最近のカードローンやキャッシングは、非常に利便性が高まっております。
消費者がカードローンやキャッシングを利用する際には、様々な点で比較検討をします。
もっとも重視するといっても過言でないのが、金利です。

しかし金利は、カードローンやキャッシング会社にとっては、
売上に直結する大事な収益の柱。
そこをいたずらにいじることは、収益悪化を招きます。
そこで、それ以外の点で勝負しようとなると、
利便性で勝負をしようということになるのです。

何かのついでに利用できるコンビニ

その利便性の中で、今存在感を高めつつあるのが、コンビニエンスストアの存在です。
最近のコンビニエンスストアには、ATMが設置されている店舗が多くなっています。
そのATMでは、銀行のキャッシュカードを入れて預金からお金を引き出すことができます。
それだけではなく、キャッシングやカードローンのお金を借りることもできるのです。

もちろん、キャッシングやカードローンが利用できるのは
コンビニエンスストアだけではありません。
キャッシングやカードローン会社の店舗や無人契約機も利用できますし、
提携している銀行のATMでも利用することができます。

ただし、会社にせよ銀行にせよ、わざわざそのためだけに足を運ばなければいけません。
その点コンビニエンスストアのATMは、ジュースを買ったついでに
キャッシングやカードローンを利用することができます。
お金を借りるだけではなく、ATMで借りたお金を返済することも可能なのです。

手数料には注意

ただし、キャッシングやカードローンで
コンビニエンスストアのATMを利用する際には、注意点もあります。
それが利用手数料です。

利用手数料に関しては、カードローンやキャッシングの会社によって対応が分かれます。
完全に無料としているところもあれば、
コンビニエンスストアによって有料のところと無料のところがあったり、全て有料のところもあります。
場合によっては、コンビニエンスストアでは利用できないということもあるのです。