sample_image

水商売だとカードローンの審査はどうなるのか?

水商売と一口に言ってもバーテンから銀座のホステスや
クラブのママまで様々な職種があるので難しいのですが、
水商売だからカードローンが難しいという事はほとんどありません。
 雇われのバーテンダーであれば雇用関係が結ばれていますから
社員として扱われ、収入との兼ね合いはありますが
ほとんどの場合は問題なく通ります。

バーテンでも自分で店を持っていて代表になっている人や、
クラブのママなどはいわゆるオーナーという事で
収入が不安定な自営業扱いになる為、ローンでも種類や場合によっては
落とされることもありますが、カードローンのような
個人の無目的ローンであれば収入さえしっかりとしていればほぼ通ります。
もちろん振込みによる即日融資も可能です。

特殊な営業形態である場合

しかしよく問題となったり話題となるのが
クラブのホステスやホストなどの特殊な営業形態を持っている場合です。

会社の方針や考え方にもよるので一口には言えませんが、
ホステスやホストなどの中には税金や労働基準法対策で
定期的に就労していても「企業から仕事を請け負っている自営業」
という形式になっている場合があるのです。

自営業扱いなら審査は厳しくなる

そうなると就労の実態はどうであれ自営業という事になりますから、
カードローン含め金融関係の審査は難しくなりますし、
水商売というのは収入が不安定な商売で個人での儲けなどもしていますので
審査が厳しくなり落ちることも増え、結果カードローンのような
無目的ローンでも審査に落ちるという事が起きるわけです。

対策として、雇用関係があるように見せかける
「アリバイ会社」という物も存在するのですが、
虚偽の申告で借金を行うと犯罪となるので問題視されています。