sample_image

総量規制外で受けられるスピード融資とは

改正貸金業法によって定められたルールに、貸金業者による貸付額の制限があります。
この制限のことを総量規制といいますが、この規制の下では貸金業者が
個人へ貸付を行なう場合、貸付のできる金額の上限は
利用者の年収の3分の1までとなっています。
つまり年収が300万円の人の場合、貸金業者から借入れのできる金額は
最大で100万円ということになるのです。

そのため、新しくキャッシングなどを利用して借入れを行なおうとしても、
すでに総量規制による借入れ制限の上限に達していた場合、
その人はそれ以上借入れをすることができなくなったのです。

しかしながら、この総量規制というルールに関しては
あくまでも個人向けの貸付に対する制限であるため、
個人向けではない事業資金などの目的としてビジネスローンなどを
利用する場合には総量規制外となり適用されることはありません。

近年ではスピード融資を宣伝文句とした銀行のカードローンがあります。
カードローンは消費者金融のキャッシングと同様にスピード融資を受けられる点が
人気となっていますが、もうひとつ人気の理由があります。

総量規制対象外の銀行カードローン

それは総量規制外という点です。銀行のカードローンは銀行が
運営をしているサービスであり、このサービスを規制しているのは
銀行法となっています。

そのため、消費者金融などの貸金業者に対して適用される改正貸金業法による
総量規制の影響を受けることはないのです。急な資金繰りのときに
消費者金融でスピード融資を受けられるキャッシングはとても便利な存在です。
しかし、総量規制によって新しく借入ができないような場合には、
キャッシングと同様のスピード融資を受けられる銀行のカードローンに
申込んでみてはいかがでしょうか。